膝関節に本当に効く
サプリメントの選び方!

関節(軟骨)に関する基礎知識

30代後半から40代になってくると、膝関節に痛みを感じたり、階段を上り下りするだけで、膝が痛い時が増えてきます。

これには膝関節の軟骨(なんこつ)が関係しています。

関節軟骨の主成分は水分75%、非変性Ⅱ型コラーゲン20%、グルコサミンとヒアルロン酸4%、その他1%で成り立っています。

円グラフ

ひざ関節の痛みを感じるのは、軟骨のすり減るスピードに対して再生されるスピードが遅いために、組織が傷つくことで痛むことが理由です。

歳と共に再生スピードが遅くなるので、中年になるとヒザ関節が痛み出すんですね。

コラーゲンにはⅠ型とⅡ型があり、美肌作りに人気のコラーゲンはⅠ型ですが、ひざ関節の軟骨に含まれるコラーゲンはⅡ型が主成分となっています。

では、なぜ非変性コラーゲンじゃないとダメなのか?

それは熱や化学処理で加水分解されたコラーゲンは、分子構造が破壊された変性コラーゲンとなるため、軟骨成分としてほとんど役に立たないからです。

天然コラーゲンの特性を壊さない非変性コラーゲンじゃないと意味がないのです。

グルコサミンとは?

日本で一番売れているサプリメントはグルコサミンのサプリです。

だからこそ、名前はよく耳にすると思いますが、グルコサミンやコンドロイチンがどんな役割を持った成分なのか理解している人は少ないと思われます。

グルコサミンは軟骨を構成する成分で、コンドロイチンは軟骨の潤滑油的な役割を果たします。

グルコサミンはカニやエビなどの殻に含まれるアミノ糖の一種で、私たち人間の体内でも作られ、体内のあらゆる場所で柔軟性や弾力性を保つために役立ちます。

しかし、グルコサミンの量は年齢と共に減少していきます。

グルコサミンは食事で食べても、体内で分解されにくいのでほとんど体内に吸収されずに終わってしまいます。

そのため、グルコサミンの量を維持するには、サプリメントなどで日々補ってあげることが必要になるのです。

コラーゲンとは?

一口にコラーゲンと言ってもコラーゲンにはタイプ(型)があります。

皮膚や肌、美容のためにはⅠ型コラーゲンが必要です。肌を構成している美肌の元です。

一方、体を動かすのに必要なのがⅡ型コラーゲンです。関節を構成しているのはⅡ型コラーゲンだけだからです。

先ほど説明した通り、関節軟骨の主成分は水分75%、Ⅱ型コラーゲン20%、グルコサミンとヒアルロン酸4%、その他1%で構成されています。

つまり、有名なグルコサミンやヒアルロン酸と比較すると、Ⅱ型コラーゲンは5倍もあるのです。

関節の痛みを和らげるには、Ⅱ型コラーゲンの補給がすごく重要というわけです。

コラーゲンを抽出する際、熱や化学処理によりコラーゲンの分子構造が壊れてしまいます。

分子構造が壊れたⅡ型コラーゲンのことを「変性Ⅱ型コラーゲン」といいます。

分子構造が破壊された変性Ⅱ型コラーゲンでは摂取しても意味がありません。

膝の痛みをやわらげるには、分子構造が軟骨のⅡ型コラーゲンと同じである「非変性Ⅱ型コラーゲン」を摂取する必要があります。

ヒアルロン酸とは?

グルコサミンだけでなく、ヒアルロン酸も年齢と共にどんどん減っていきます。

コラーゲンはうるおいを入れる風船のようなものですが、ヒアルロン酸はうるおいそのものなんです。

どちらも年齢と共に減少しますが、特にヒアルロン酸は20代に比べると50代では半分以下になると言われています。

1日に摂取したいヒアルロン酸量は200mgと言われています。

毎日の食事で200mgのヒアルロン酸を摂れればいいのですが、ヒアルロン酸は野菜や穀物には含まれておらず、魚の目玉や鶏のトサカなど、あまり身近でないものが多いのです。。

ヒアルロン酸は普段の食事では摂りづらい成分なので、サプリメントなどから摂取するのが一番です。

膝の関節の痛みを軽減したい人にオススメのサプリメント

さて、ここまで読んだ人は膝の関節の痛みを軽減するにはコラーゲンとグルコサミンとヒアルロン酸が大事だということが理解できたと思います。

食事で摂るのが理想ですが、なかなか効率的にとれないですよね。そこで、サプリメントで摂取することをオススメします。

膝関節の痛み緩和にオススメのサプリメントは「サンポス」です!

ゼリータイプなのでノドで詰まらせることないですし、持ち歩きにも最適です。

コラーゲンとグルコサミンとヒアルロン酸がバランス良く配合されています。

特に、グルコサミンに関しては、1本に通常のグルコサミンよりも高価なN-アセチルグルコサミンを1800mgも配合しています。

N-アセチルグルコサミンは通常のグルコサミンの3倍の吸収率と言われている成分です。つまり、通常のグルコサミン換算だと5400mgも配合されていることになるサプリです!

あの「グルグル〜グルグル〜グルコサミン♪」というCMソングで有名なサプリでさえ、通常のグルコサミンが1日目安分8粒中にたったの1200mgしか入っていませんから比較になりません。

さらに、「サンポス」にはヒアルロン酸が180mg、コラーゲンが150mg配合されいます。

正しいサプリメントの選び方

以外に思われるかもしれませんが、サプリメントは知名度で選んではいけません。

テレビCMやテレビ通販でよく見るとか、コンビニに並んでいるとか、そういった基準で選んでも、結局は効いているのかどうか分からない、単なる気休めで終わってしまうようなサプリメントにしか出会えません。

たとえば、コンビニではDHCのサプリメントをよく見かけますが、はっきりいってDHCのサプリメントは効果を実感できません。。。

なぜなら、基本的に含有されている成分量が少ないからです。だから、安いんですけどね。

あまり知られていませんが、サプリメントって一度にある程度の量を摂取しないと効果を実感できないんです。

テレビCMやテレビ通販やコンビニで見かけるサプリメントって、できるだけ原価率を低くして、あとは広告宣伝費に可能な限り投資して、知名度で売ろうというビジネスモデルなんです。

なぜなら、サプリメントって医薬品のように効果・効能をうたえません。

そのため、多くの消費者は知名度で商品を選択する傾向があるからです。

だからこそ、大手のサプリメントは成分内容はそこそこで仕上げ、あとは宣伝広告に力を注ぎます。

これが有名メーカーのサプリメントは効果を実感できない理由です。

サプリ業界ってけっこういい加減な業界なんです。医薬品と違い参入障壁も低いので、怪しい業者もたくさんいます。

中には「サプリは6ヶ月飲むのは当たり前。6ヶ月飲んで効かなかったりしょうがない。効いたらラッキー。」くらいのスタンスで販売している業者もいるくらいですから。。

だからこそ、正しいサプリメントの選び方を知ることが大切なんです。

だいたい、2週間飲んでたいした効果を実感できなかったら、そのサプリは効果なしと思っていいですよ。

6ヶ月なんて飲む必要ありません。3ヶ月でも長いですね。

確かに、サプリメントは医薬品ではないので、即効性はありません。

でも、2週間毎日飲み続け何も変わらなければ、2ヶ月飲んでも3ヶ月飲んでも変わらないと思った方がいいです。

さて、ここでオススメのサプリメントを紹介します!

それは、ピュア・メディカルという会社のサプリメントです。

はっきり言って知名度は全く高くありませんが、本物のサプリメントを作ることを使命に、宣伝広告よりも成分内容や成分量に重点を置いてサプリ作りをしている会社です。

社長が元々、製薬会社で働いていたというのも信頼に値します。

階段で膝が痛い人ならグルコサミンとコラーゲンとヒアルロン酸がきっちり入っている「サンポス」がオススメです。

食事で摂りづらいヒアルロン酸だけを補いたいなら「ヒアルロン酸ゴールド」がオススメです。

美白、お肌の潤い、ハリといった美容重視ならこれ1つでOKなオールインワンサプリ「ホワイテックス」がオススメです。

もっと女性らしい体型になって男性の目を惹きたいなら「レディーズプエラリア99%」がオススメです。

男性なら男性専用サプリメント「フォーマン」を飲めば、朝からアクティブな男になれますよ!

どうせ買うなら効果を実感できる本物のサプリメントを買って下さい。

知名度で選ぶようなことをしていては、お金だけでなく時間もムダにすることになります。

40歳を過ぎたら、サプリメントで上手に補給して、いつまでも元気にいたいですね♪

おすすめサイト